一般治療(感染予防、レーザー治療、入れ歯、スポーツマウスガード)についての紹介。大阪市西区 本町の歯医者、井本歯科医院

医療法人社団 井本歯科医院
大阪市西区 本町駅【井本歯科医院】最良の歯科医療で歯を守る 診療一覧 治療費用 治療の流れ 医院案内 お問い合わせ
滅菌システム
一般治療
インプラント
歯周病
予防歯科
審美歯科
口腔外科

歯科医院情報
井本歯科医院
〒550-0012
大阪市 西区 立売堀1-2-12
木津ビル3F
TEL : 06-6533-0220
FAX : 06-6533-6458
案内地図 クリックすると拡大表示します
■診療時間
月~金 9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
第2・4土 9:30 ~ 13:00
休診日 日曜・祝日・第1・3・5土曜
ご来院の際は受付でお待ちいただかない為にできるだけお電話でご予約下さい。
急患の場合は随時受け付けております。

一般治療



感染予防


当院では、使用する診療器具はできる限りディスポーザブル(使い捨て)なものを、それ以外のものは消毒・殺菌を行い、滅菌パックに保存しています。それを使用直前に開封し、患者さまが安心して治療を受けていただけるよう感染防止対策を万全に行っています。

当医院の衛生管理、滅菌システムにつきましてはこちらの『滅菌システム』ページをご覧下さい。

 

減滅パックセット 滅菌器

レーザー1、歯周病への適応

歯ぐきに膿がたまって腫れや痛みがでているような時、レーザー治療することにより歯ぐきの消毒、歯ぐきからの排膿を促し、症状を改善します。


2、口内炎、口角炎の治療

口の中や唇に白いものができて、触れると痛むような口内炎、口角炎の痛みの軽減、治療の促進を図れます。


3、止血効果

歯を抜いたり外科処置の後、血が止まりづらいような場合の止血、および消毒を瞬時に行えます。


4、痛みの軽減

急性炎症や外科処置後の痛みに対し、除痛作用を発揮し、これを軽減することができます。


5、その他

歯ぐきにメラニン色素が沈着し、黒ずんでいるような場合、レーザー治療により、元来のきれいで健康的な歯ぐきの色を取り戻すことなどもできます。

入れ歯治療


誰でも入れ歯にはなりたくないものです。入れ歯のイメージは『痛くて噛めない』とか『入れ歯だと硬いものは噛めない』とか、あまりいい評判はありません。しかしお口全体の治療計画をしっかり立てて自分にあった入れ歯を選択して作ると入れ歯でもしっかり噛めるようになります。

 

アタッチメント入れ歯(部分入れ歯)

部分入れ歯の留め金具の部分が『オス』『メス』の差し込み式になって、通常の留め金がある入れ歯と違い安定してしっかり噛めます。また、留め金が外に出ないので見た目も良くなります。

アタッチメント入れ歯 入れ歯装着時

 

■ フレキサイト入れ歯(部分入れ歯)

通常の部分入れ歯の材料よりも弾力がある材料で出来ている入れ歯です。

留め金を使わない新しい入れ歯です。

入れ歯を薄く出来るので装着感が良くなり違和感が少なくなります。

フレキサイト入れ歯

 

■ 金属床総入れ歯

通常プラスチックでつくる歯茎にあたる部分だけを金属で作った総入れ歯です。

プラスチックに比べると金属の場合、歯茎にあたる部分が薄く仕上がるため、密着感が増し、より噛めるようになります。

また、歯の安定剤なども必要なくなります。

金属床総入れ歯

 

■ 軟性シリコン義歯

生体シリコンを用いることにより入れ歯による粘膜や歯槽骨への負担を軽減できるので「痛い」「噛めない」「外れやすい」という不満が解消されます。

軟性シリコン義歯

マウスガード


よくボクシング選手が付けはずしする事が有名ですが、 マウスガードとは、スポーツ時に口腔外傷を防ぐためにつけるプロテクターです。

ボクシング等の格闘技だけでなく、様々なスポーツで使われています。また、マウスガードの使用が義務づけられているスポーツもあります。

スポーツにはケガがつきものです。特に動きの速いスポーツ、コンタクト(接触)の多いスポーツでは、顎(あご)や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。

マウスガードの効用として、次の5点を挙げることができます。

 ● 歯の保護

 ● 顎関節(顎の関節)の保護

 ● 口の中の裂傷予防

 ● 脳震盪(のうしんとう)の予防

 ● スポーツパフォーマンスへのプラス効果


歯科医院だからかみ合わせの良いマウスガードが作れます。

マウスガードにも多彩なカラーとデザインがありますマウスガードにはスポーツ用品店などで販売されているお湯につけて作成する簡易型のものもありますが、ピッタリとフィットしにくく、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、息がしにくかったり、正しい咬み合わせができず顎関節(あごの関節)を痛めるなど、かえって危険なことがあります。

試合等に集中する為にも、また衝撃を吸収して怪我を防ぐためにも、 マウスガードはその人に合ったものを使うのが望ましいと考えます。

当院では、マウスガードを患者さまの口の中の形、噛み合わせの状態に合わせて製作しています。そのため、違和感の少ない適合性のよいものを作製することが可能になります。

また、ご希望に応じて多彩なカラーとデザインをご用意いたしております。

お気軽にご相談ください。